日本人はマレーシアでの就労ビザは取得しやすいと言わざるをえない

外国人がマレーシアにて仕事をするためには、就労ビザを取得する必要があります。

 

ワークパーミット、就労ビザを取得しませんと、マレーシアにて働くことができないのです。

 

就労ビザというのは、その企業の払い込み資本金額によって取得できるビザの数が異なるという特徴を持っております。

 

たとえば、払い込み資本金が200万ドル以上の製造業の場合であれば、就労ビザは10人まで取得することが可能です。

 

就労ビザにはいくつかの種類があり、従業員がどのように就労するのかによって取得するビザが異なります。

 

たとえば、就労期間が1年以内だという場合には一時就労パス、そして2年以上滞在するという場合ですと雇用パスになります。

 

それぞれの種類によって取得するための条件には違いがありますから注意が必要です。

 

ビザを申請する際には、所定の申請書への記入が必要となり、月給や経験、契約期間などが問われます。

 

就労ビザというのは、ご自身一人で申請をおこなうというわけではなく、雇用先の企業が申請をおこないます。

 

特に日本企業からの駐在員の方の場合でしたら、すべて企業が手続きをしてくれるので心配は要らないかと思います。

 

また、マレーシアという国は、比較的就労ビザが取りやすい国として知られており、特にポイントとなるのが学歴があまり重視されないという点です。

 

他の国ですと、四年制大学卒業以上などといった学歴についての条件を設けているところが多いのです。