日本人がマレーシアで仕事をするための基本情報

日本人がマレーシアで仕事をするための基本情報

昨今のマレーシアでの仕事に関する事情のおさらい

昨今、日本人がマレーシアで仕事をする機会が増えています。

 

日本の会社から赴任していく人もいれば、現地採用で働く人もいますね。

 

日本人がマレーシアで仕事をする場合、「日本人」を求めている求人情報を調べていく必要があります。

 

マレーシア人でもできる仕事に日本人は就けません

 

ただ単純に日本語ができる方向けに募集されている求人情報をチェックしているだけですと、日本語が堪能に話せるマレーシア人を雇用した方が楽なので、そちらを選ばれる企業が多いのです。

 

日本人向けになっている求人情報ですと、日本語と英語ができること前提です。

 

業務経験として有利なのは例えばマーケティングアシスタントや店舗マネージャー、企画営業、エンジニア、旅行コーディネーターなど実にいろいろなものがあります。

 

この分野でご自身が今まで経験したことがあるという内容の仕事があればそのチャンスを逃さないようにしていきましょう。

 

 

即戦力が有利、未経験では就業は難しい

マレーシアにて働きたいと考えている方は非常に多いです。駐在員の仕事はすべて会社が手配するため安心できて人気です。

 

けど、現地採用であっても応募者はたくさんいらっしゃいます。

 

 

日本人であれば、高いスキルを持っているということが当たり前になっており、すぐにその企業の力になってくれる即戦力が求められることが多いので、ご自身が得意としている専門分野、経験のある分野にて仕事を探しましょう。

 

マレーシアにて新しい分野にチャレンジしてみたいと思う方もいらっしゃるかも知れませんが、未経験でもOKというような仕事を見つけるのはなかなか難しいです。

 

 

日系企業が1,400社進出している中で自分に合った仕事を探す!

マレーシアには1,400社の日系企業が進出しています。2011年頃のデータですので現在はもっと多くの企業が入ってると想像できます。

 

日本人がマレーシアで就ける仕事というと主に日系企業が関係する仕事です。

 

・日系企業が募集しているケース

・日系企業と取引がある会社が募集しているケース

 

このような中から就職先を探していきます。

 

 

就職先を探すにはコネがあればその方が早いし確実となります。友達が既にマレーシアで働いてる状況なら紹介してもらうと得です。

 

人材紹介サービスを使って求人を探す

 

人脈が無ければ人材紹介サービスを使うのが一般的。

 

今何処に住んでいるかで使うと良いサービスが異なります。

 

  • 日本在住

いま日本に住んでいて転職を検討中、仕事を探しているような場合なら「リクルートエージェント」「JAC Recruitment」がおすすめ。

 

  • マレーシア在住

いまマレーシアに住んでいるなら桜リクルートを使うと入職までの支援をしてくれるのでスムーズになるでよう。

 

 

就職/転職活動の流れ

海外で働くのが初めて、という方もいらっしゃるでしょう。

 

日本国内で転職活動をするとして、試験や面接でマレーシアに行く必要があるのか気になる方もいると思います。

 

しかしこちらは安心してOKです。

 

相手が日系企業の場合は日本にも本社や支社があり、面接を日本で行ってくれるのが一般的です。

 

また日本に会社がない場合でもSkypeや、電話面談程度で採用通知が出る場合もあるのです。

 

人材紹介サービスを使えば、キャリアアドバイザに「どこどこの会社に応募したい」「書類を作成したので提出して欲しい」といった依頼をするのが普通です。

 

面談の日程や、合否通知を受診するのもキャリアアドバイザ経由となるので気苦労が無いです。

 

 

晴れて入社が決まったら?

大きく3パターン

 

@日本の会社の駐在員採用となれば、会社責任で渡航の準備、現地に滞在する場所を用意して勤務が始まる

 

A日本の会社でもすぐにマレーシアに行かない場合も勿論ある。社内研修は当然あるし前任者との交代などタイミングもあるでしょう。

 

Bマレーシアの現地採用となった場合は、自分の責任で渡航して住居も探す必要がある。サポートしてくれるサービスや、日系の不動産会社にコンタクトを取ったり、保険加入と、今住んでる自治体への転出の手続きも必要となるでしょう。

 

 

色々と大変なのは間違いないが自分の目標と仕事の経歴を積み重ねるために是非チャレンジしてみて欲しい。

 

 

 

学生向け

 

学生の人でマレーシアで仕事をしたいという方も居るようです。

 

新卒でマレーシアに渡航を決めて働きに行く猛者はなかなか居ないと思いますが。

 

まず最初に日本にて仕事をしてみて経験を積んだ上でマレーシアの仕事を探すという形の方が採用の可能性も高くなりますよ。

 

それに外国人労働者の就労には年齢制限があり特殊な条件でなければ27歳以上と決まってるからです。